» 未分類 » お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓の役割として、ご飯や呼吸によって体内に取り込まれた多彩な物質を代謝・分解し、有害な物質を解毒する役割を果たしています。有害な物質を解毒しきれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、それが肌荒れやくすみを引き起こしてしまいます。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、きれいな血液、健康的な肌へと近づくために欠かせない要素です。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロも減量することができたのです。少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。しわが増えたことと、ファスティングダイエットと何か関係があるとは思っていませんが、関連を疑いたくなるタイミングではありましたし、ともかく、今はスキンケアを重点的におこなうつもりです。感じやすい肌の場合は、普通より弱い肌だと決め付けることはあれかもしれませんが、、肌に無理が掛からず、その上肌別に合った化粧品で、ちゃんとスキンケアをつづける事が大事です。季節の移り変わりや年の重ね具合によって、肌コンディションが変化しやすいというのも、敏感肌の辛いところです。

その時の肌のコンディションに合わせて、丁寧にお手入れをするようにしましょう。湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、肌が薄くなることがわかっています。肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これは薄い層の重なりで、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮までダメージが届いてしまいます。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、シワやたるみが起こってしまうというわけです。肌にできる小皺はなぜできるのでしょう。さまざまありますが、乾燥は誰にでも思い当たるところがあるのではないでしょうか。

真冬はもちろん夏でもエアコンで室内が乾燥し、乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。

真冬以外は忘れがちになりますので、スキを造らないよう普段から潤いを補う(失わないようにする)のがポイントです。最近では通年、スプレータイプの化粧水が売られているので、そういったものを使って保湿してヨレや乾燥を防ぎ、汗をかいたら体の中だけでなく肌にも水分と脂質を補充するなど、肌の内側に効果のある保湿ケアをおこなうようにしましょう。私は花粉症を患っているのですが、スギ花粉の時期になると、肌が敏感になってその肌が荒れてきます。ですので、その季節に化粧をすると肌荒れがより悪化してしまうので、ナチュラルメイクを行っています。アイメイクくらいはしたほうがいいかとも思いますが、肌が過敏になっているので、目の周りがさらに痒くなり、絶対にできないのです。肌にオキシドールを使用してシミ取りをするなんて話を耳にしましたが、傷口などの消毒液であるオキシドールを、傷のないきれいな肌に用いるのはとても負荷がかかるのではないでしょうか。オキシドールを用いて髪をブリーチした方もいらっしゃるでしょうが、これは髪のダメージを深刻化させます。どう考えても、肌にやさしいとは思えません。肌が乾燥しているという方は多いと思いますが、肌のお手入れ方法を変えるだけでびっくりするくらい肌質が向上します。洗顔石鹸をもこもこに泡たてて洗い、ぬるま湯で洗い流すことで肌のうるおいを逃さないようにすることができるのです。

反対に、乾燥肌に良くない洗顔方法は洗顔シートで拭き取ってしまうことです。必要な皮脂まで落としてしまうので、このお手入れ方法はおすすめできません。くすみがちな肌はしっかりとしたスキンケアによりしっかりとオフすることが可能です乾燥が原因のくすみの際は保湿の対策が大事です化粧水のみに頼らず美白効果のあるクリームも使ってみてはいかがでしょう古い角質が問題で引き起こされるくすみにはピーリングで肌の状態をケアするのが効果があります汚れをオフしましたらその後しっかりと保湿などをおこなうことによりくすみによる悩みが解消されます乾燥しやすい肌なので、しっかりと保湿をおこなうために化粧水にはいろいろとこだわっています。とろみのついた化粧水を使用してスキンケアをしているので、洗顔を行った後、これだけでも過ごせてしまえるほど潤って、すごく気に入っています。化粧水というものはあまりケチケチせずふんだんにつけるのが秘訣だと思っているのです。